【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.12.
『秘密2009 ACT.1』のレビューを書くの、
ムツカシイかもしれない。


こないだ書いた『秘密2009 ACT.1』のレビューを読み返して。
頭を抱えた。
私が言いたいのは、こういうことじゃないんだ、っっ。

(以下『秘密2009』『秘密2008 A PIECE OF ILLUSION』少々ネタバレ)



薪さんが今辛くないとか、幸せだとか、
言うつもりは全くない。

ただ、薪さんが、加害者被害者遺族に感情移入しやすいから、
解決した事件もあるのだと。

薪さんが、閉じ込められた少女とシンクロするかのように考察するから、
少女の状況を推測できるのだと。


『秘密2008 A PIECE OF ILLUSION』で。
何で、死後理解するんだ、と、悲しかったんです。
私は正に共感はまったくしない。
郁子のことを誰も理解しなかったことが、
死んでから薪や岡部が真剣に理解しようとしたことが、
ひたすら悲しかった。
何故、生きている時に出来なかった?

死後、真実が明らかになって、何になる?
でも、読者は生きている。
『秘密』の世界で叶わなかったことも、
読者は生きて、叶えていける。


ああ。また言葉が足りない。


マンガはマンガで読むべきだ。感じるべきだ。
それは、ファンサイト管理人として、一番感じることです。
言葉にすればあせてしまうのではないか?
私は『秘密』の全てを語れる程、器用じゃない。

『秘密』を語ることが出来ない私は、
ある意味面白い記事は書けないかもしれない。
でも、「『秘密』は面白いんだよ」と紹介はできるのではないかと、
それが私のサイトの存在理由だと、信じている。

関連記事
2009.01.04 (Sun) 11:56
COMMENT
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
FROM 2009.01.04. (Sun) 16:25 [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL