FC2ブログ
【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2020.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020.05.
十年前にある方にさしあげた詩です。
うちのサイト・ブログでは、初公開になります。




 「この秘密を。」


僕はおまえの明日を、奪った。
そして、ずっとおまえを恨んでさえ、いたのだ。


何も知らず。何も理解せず。
ただ、怯えていた。
おまえを信じることさえ、出来なかったのだ。


そして、僕は、おまえの脳を、見た。


「オレの脳を撃ってくれ」
「この脳を、もう誰にも見せるな」


おまえの最後の望みさえ、僕は奪った。
おまえは死ぬのなら、脳を撃たれて死にたいと、
望んだのに。
僕はおまえの脳を暴いた。
僕はおまえの未来を奪ったばかりでなく、
おまえの命を懸けた唯一の願いも、
叶えることは出来なかったのに。


おまえを信じることも出来ず。
おまえを恨んだ僕は。
おまえの願いを何一つ、叶えられなかった僕は。
おまえが全てを捨ててまで守る意味なんてない、
身勝手な人間なのに。


この僕の脳。
だれにも見られずに死ぬことなんて許されない。
たくさんの秘密を暴いた僕には
裁く権利なんてないのに。


ただ、「第九」にいるのが願いという、それだけで。
また脳を、秘密を暴く。





関連記事
2019.03.17 (Sun) 09:47
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する