FC2ブログ
【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2018.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018.12.
私は、マンガはマンガで読むべきだと
思っている。
どんなレビューもかなわない。
清水玲子作品には、唯一絶対の答え、
解釈なんてない。
人によって感じ方のちがう、不可思議な物語。




正直、私の感想、解釈は、
私一人のもので、
「それが「秘密」なのだ」
と思われても、困るし。



未だ「秘密」を読んでいないけれど、
読みたいって思う人、
コミックス派の人でも、
安心して読めるブログであってほしい、
そう願う。



そして、私の求める「共感」とは、
「秘密」を読み込んだ、その人と、
共感、共鳴したい。


私が書かなかった、書けなかったことでも、
「秘密」を読んでもらったら、
わかってもらえるのではないかという、
淡い期待。


千の言葉より、万の言葉より、
互いに「秘密」を読むことで、
共鳴するのではないかという、
甘い期待。


答えを言ってしまうなんて、
もったいなくはないですか?
それが私にとって
唯一の答えでないのなら、なおさら。




「月の子」「秘密」が、私を救ってくれた。
どんなに絶望しても、
どんなに生きていきたくないって思っても、
歩いていける、希望をくれた。




私のHN、夜子は、
「闇の中生きている子供、
あるいは、女」という意味です。
私自身が光ではなく、
清水玲子作品が、私にとっての
光、導き手でした。




あの頃。
セツの罪を深く感じ、
ティルトをゆるせたなら、
自分自身をゆるせるのではないか、
愛せるのではないか、そう願って。
そう、呪文のように、願って。


「月の子」がなかったら、
今の私は居なかった。




「夜子さんは暗い」「ネガティブだ」
と言われたことが何度かありますが、
「だから?」と思います。
絶望していた人間が生きていく、
それはものすごいパワーなんです。



「月の子」と「秘密」は、
私の「救い」であり、「真実」でした。
ウソくさいところがない。
サイト、ブログを続けることで、
すごく成長したと思います。




私の願いは「秘密」を
「メロディ」や
コミックスで
読んでもらうこと。
「秘密」に救われた人も、
私以外にも、居ると思うから。


叶ってるかどうかわからないけど、
それは私にとって、大きな、
「夢」「願い」ですね。




残酷な現実。
けど、出会いと再会の、
きっかけに、もし、なれていたら。
それゆえの視点があるのだとしたら。
ここで何らかの役割を果たせていたら。
私はこのサイト、Blogを、
18年、続けてきて、
よかったと思いますよ。






関連記事
2018.08.26 (Sun) 08:12
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する