【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2018.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018.05.
私は、薪さんが、正しいから、
正義の味方だから、
好きなんじゃない。


非道くて、冷酷で、
残酷なところも、好きだ。


「第九」の全てをとりしきり、
自分が「第九」を守るからと、
「第九」を続けてきた、
薪さんが、好きだ。
「第九」の倫理は自分が守るからと、
「第九」を続けてきた、
独善的な、薪さんが、好きだ。

(正義をふりかざす人は嫌いだ。)




人を愛することはできても、
人に愛されていることを、
必要とされていることを、
自覚できない薪さんが、
倒れるほどに弱いのに、
独り守ろうとする薪さんが、
そんな矛盾をはらんだ薪さんが好きだ。



だから、薪さんの全てが、
正しいとは思わない。
薪さんが正しくて、
だからあの人は非道いとか、
そういう単純な罠には、
はまらないようにしている。



自信過剰の完璧主義、策略家ゆえに、
失敗もいくつもしてる、
判断ミスをいくつもしてる、
そんな、人間的な、薪さんが、好きだ。




私が薪さんが好きなのは、
彼の言っている、
やっていることが、
必ずしも正しくはないこと。


たとえば、何でも正しくて、
何でも強くてかしこくて美しい。


そんな人、私は好きにならないんですよ。
強くてかしこくて何でも正しい。
そんな人、どうでもいい。


絶望し、生きていきたくないと
自分を責めながら、いろんなことに
立ち向かっていく薪さんだからこそ、
好きなんです。


薪さんはいつも
正しいわけではない。
そこが、彼にこれほどまでに
ひかれる理由のひとつ。




関連記事
2018.04.07 (Sat) 14:10
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する