FC2ブログ
【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2018.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018.09.
このBlog、【月詩Blog】の
ブログ名の元となった、
【月夜水の詩】のサイト名を使い始めたのが、
2003年3月7日。
その前は別のサイト名でした。
サイトを運営しながら考えて、変更したので、
ゆっくり考えて決めることが出来ました。

【月詩Blog】は【月夜水の詩】の略ですね。


【月夜水の詩】【月詩Blog】サイト名の由来。[379]

【月夜水の詩】と【月詩Blog】の名に秘めたもの。[510]


でも。裏の意味も、あったんです。



【月夜水の詩】(つくよみのうた)
【月詩Blog】(つきうたブログ)



私には、「月」は、
闇夜を照らす、
地球のまわりをまわっている
輝く天体
というイメージの他に、


狂気のイメージもありました。
はじめから。サイトを始める前から。
清水世界の狂気は、
心にストンと受け入れられます。
清水世界の狂気が好きでした。



「夜」は、闇のイメージ。
絶望、闇の底。
闇の中歩く。

「闇に輝くもの」
(CD「ミルキーウェイ」より)
という言葉が好きでした。


私自身も、陽の光より、
夜の月があっています。
私自身、「闇に属する者」
だという自覚がありました。



「水」は清水玲子世界を象徴するものだと思う。
様々な水の描写。



「詩(うた)」は、
「メロディ(旋律)」ではなくて、
「言の葉」からです。
昔、清水作品の「詩」を書くことが、
生きる希望になっていた時が長かったので。
言葉や文章を書くのが、好きだったので。
だから、私の、原点。



私がサイト名を決めた時は、
「秘密」連載前だったので、
(「秘密」連載開始は2005年。)
自分のサイトが、
「メロディ」掲載の
「秘密」メインになるとは
思っていませんでしたね。
(「LaLa」だと
思ってましたよ、ほんとに。
「輝夜姫」連載中で。)



清水玲子世界を象徴する、
「夜」も「月」も、私にとっては
薪さんのイメージでもあります。



薪さん自身、
狂気に片足をつっこんで、
絶望しながらも、前を歩く。
ギリギリの限界まで、いや、それを超えて、
迷いながらも、自分の信念をつらぬく。
守りたいものを守ろうとする。


このちっとも自分を大切にしない、
自分を責めてばかりいる、
儚く(はかなく)強い人が、
私には、「月」や「夜」に重なります。


闇の中を歩いている薪さん。
ギリギリの状態で。
時に狂気にとらわれながら、
それでも守りたいものを守ろうとする彼に、
なのに後悔ばかりする彼に、
すごく惹かれる。
人間として。




弱くて強くて弱い人間。
そんな彼が、大好きです。
強くて正しくて強い人間には興味ありませんね。



だから、そんな私には、
優しくて弱くて道を誤ってしまう、
「秘密」のサブキャラクター
・ゲストキャラたちも、
大好きなんですよ。


弱く、いとおしい、人間。



「愛している。誰よりも。
君が――たとえ、
どんなに罪深いとしても、
その罪ごと愛している」
(「輝夜姫」清水玲子より)



彼もそう思っていただろうか。。。



もろい、今にも壊れそうな薪さんだからこそ、
必ずしも正しくない、薪さんだから、
好きなのだと。こんなにもひかれるのだと。



関連記事
2018.03.17 (Sat) 07:55
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する