FC2ブログ
【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2018.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018.11.
「輝夜姫」は、主人公たちが、
クローンだったという話だ。


ある時点で、彼らは狩られ、
ドナーとして、
何人かは臓器をとるために殺され、
本体の体に、移植される。


殺されたドナーたちは、
本体を乗っ取り、
人格を奪う。
主人格から。



しかし、全員ではない。
ミラーは本体のジュリアンから
目を譲り受け、
碧は本体のアナンタから
体の各部を移植され、
ガンを克服する。


そして、晶にいたっては、
メスさえ入れられてはいない。



それぞれの立場で、
ドナーたちは、運命と戦う。



本体の意識とドナーの意識は、
同化したのか?



確かに登場人物が多く、
話も壮大だ。
軽く読んだだけでは、
わからないところも、
あるかもしれない。



いくつもの問いかけ。
いくつもの答え。



そして、晶の、由の、真実とは?



一部のキャラがきっかけでもいい。
それでも、ゆさぶられるものを、
見つけられたら。


絵から入っても。
キャラから入ってもいい。


数々の問いかけ。
心にひっかかるものが、あったなら。



白泉社文庫で全14巻。
花とゆめコミックスで全27巻。
長いですけれど。



それでも私は好きだ。


これも清水玲子なのだと、
私は言いたい。


複雑な話なので。
本の状態のもの、
文庫かコミックスをお勧めしますが、
かさばる、置き場に困る人は、
電子書籍とかでもいいのかもしれません。



白泉社文庫版「輝夜姫」全14巻

bunko_kaguya1.jpg


bunko_kaguya14.jpg





関連記事
2018.02.08 (Thu) 07:24
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する