【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
白泉社の隔月刊コミック誌
「メロディ」2017年10月号掲載中の、
清水玲子先生の


「秘密-トップシークレット-
  THE TOP SECRET
 season0(シーズンゼロ)」


に関する情報です。


白泉社「メロディ」2017年10月号(8月28日(月)発売中)に、


「秘密season0冬蝉」ACT.1


巻頭カラー。(鈴木×薪)
65P掲載中。


以下、内容に触れます。




時間軸が、2061年3月、
本編「秘密」第2巻「露口絹子事件」と、
第3巻「チャッピー連続殺人事件」の間の話です。



この時期の「第九」を見れるとは、
思ってもいなかったです。
本編とは全く違った視点で、
薪の過去、過去の薪も一杯でてきます。
人を信じて、裏切られて。切ないです。
鈴木のことも回想に出てきて。。。
何で男じゃダメなのよ!!
って、言いたくなる。
あれだけなつかせといて。
っていうか、これって、ショナ×セツじゃん!!
薪さんは男だけど―――。


そして、タイトルの「冬蝉」。冬の蝉?
一体どういう意味だろう。
夏にもっと「蝉の声」を存在を、味わえばよかった。



あ、清水先生の一言コメントに、

「毎度内容が予告と異なるのは編集さん
 のせいではなく、私のせいです。」
(▲「メロディ」2017年10月号、
 清水玲子先生のコメントより引用)


とありました。


私も底本が、「メロディ」本誌とコミックスだからなぁ。


読者サービス満載、壮大なスケールで始まりそう。


もともと清水玲子先生が、
「ノアの宇宙船」「もうひとつの神話」
「ミルキーウェイ」「竜の眠る星」「天使たちの進化論」
「月の子」「輝夜姫」と、宇宙ものを書いてきた方だから。
今思うと「かぐや」とかお好きだったんだろうなぁ。


新作じゃなくて、「秘密」が「秘密」を超えてくれたらいいな。
「秘密」が続くのを、ただ、願う。





関連記事
2017.08.30 (Wed) 06:59
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する