【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.10.
薪さんの詩。新作です。



 「声にならない、叫び」


「助けて」って、何度も叫んだ。
「もう生きていたくない」って、何度も叫んだ。
「「第九」が続いてもいいのか?」
「僕が「第九」にいてもいいのか、許されるのか?」
と、何度も迷った。


僕はお前に守られるのが怖い。
あいつのように、またお前を失うのではないのか。
そして、僕の勝手なこの思いが、
お前が幸せにすべき、
お前の最愛の少女を悲しませはしないのか。
死んだお前の姉や義兄を裏切るのではないのか。
お前の母は僕を許さないだろう、決して。


僕は生きていて許されるのか。
でも、この脳の記憶は、誰にもみられたくない。
けれどそれさえも、許されるはずもなく。


「第九」を守りたい。
もう僕は「第九」の人間ではないのに。
「第九の倫理」を守りたい。
でも壊しているのは僕ではないのか?


「守りたい」その理由は「秘密」のままで。





関連記事
2016.11.30 (Wed) 08:54
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する