【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
「月の子 MOON CHILD」の、
 セツ視点の詩です。

ネタばれです。
語られなかった物語。私はこう感じたんです。
(先にsideAを読んで下さると、うれしいです。)



「汚れゆく。」sideB


僕は、望んでいなかった。
君が汚れるのも。
君が傷つくのも。
君が苦しむのも。
君が壊れるのも。
闇に堕ちて行くのも。


僕は、望んでいなかったのだ。
僕は君に笑っていてほしかった。
君のそばでただ眠っていたかった。
君に居てほしかった。


彼女が死んだのも、
この地球が壊れるのも、
それも僕の責任か。
それでも許せと言うのか。


彼女の皮をかぶった僕。
僕は身代わりでしかない。
この愛すらも、仕組まれたものであったというのに。


全ての罪が僕ならば。
君を闇に落とした僕自身を、呪うだろう。





関連記事
2016.10.25 (Tue) 15:23
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。