【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
『秘密』はホント、マンガの良さを最大限生かした、
物語であり、世界観なんだろうなぁ。

(以下ネタバレ)


キャラが全てを説明しない。
言葉やセリフで語りきらない。
しかも、視覚に特化された捜査。
視界にこだわった捜査。
それは、マンガとして「画で魅せる」ことに、
作者がこだわることが出来るから。
説得のある、意味深なことさえ感じさせる、画力があるから。

視覚者の言葉は、全て、読唇術で第九メンバーが読む。

記憶にしろ、意識にしろ、
言葉では置き換えられない部分があって、
もちろんそれは、視覚や画像だけでもなくて。
それだけでも得られない情報も多々あって。
そういうことをとても大事にしている。
MRIを、決して魔法の杖にはしない。
決して魔法の道具にはしない。MRIに甘えない。


そして、作者独特の微妙な美意識。
これも大事ですよね。
すごく作者が世界観を守っている。
たとえ残酷でも、救いがあって。
それでもラストで読者を突き放すことも出来る。
清水世界には、完全な善人も悪人も存在しない。
もし居たとしても、善人の罪を問う。
悪人が、誰よりも優しかったりする。
「自己犠牲」さえも、作品の重要なテーマになる。

読者への媚より、読者受けより、
物語のわかりやすさより、まずテーマとメッセージ。
そのテーが重く深くて。
「読者が安心すると受ける」と思うようなマンガ家も居るのに、
それをあえてしない。そんなものに甘えない。
でも、決してグロくはならない。独特の世界観をつむげる人。


マンガというものに真剣に向き合っている作者だと思います。


今、『秘密』ブログ花盛りですけど、
ブログって「言葉」の部分が多いというか、ほとんどですよね。
絵で見せる、絵でつむぐ、『秘密』は、決して、
「言葉」では置き換えきることは、出来ないんだろうなぁ。

だからみんなもどかしいんだろうね。
決して手に入らなくて。だから、語ることに飽きない。
少なくても私はそうだけどなぁ。
『秘密』を語りきることなんて出来ないと、
言葉の限界を感じちゃうんですよ。

他に代えられない作品だから、こんなにも『秘密』を溺愛する人がいる。
こんなにも『秘密』を深く愛し、語り、それでも語ることに飽きることはない。
マンガの限界に挑む、清水玲子最高傑作ですよ。

関連記事
2008.10.18 (Sat) 15:40
COMMENT
こんにちは。

じっくり、読ませていただきました。

そうですよね、MRIは驚きの捜査方法だけど、それで奇跡を起こせるわけじゃない。
それだけで全てが解決するわけじゃない。
善人も悪人も居ない。
だからこそ、リアル。
だからこそ、辛い。

語りきることは出来ない。
だからこそ、語ることに飽きない。
まさしく、今、そんな物をリアルタイムで感じています。
書いても書いても語り尽くせなくて、でもたぶん、語り尽くせないからこそ、語りたい・・みたいな。
FROM かのん 2008.10.19. (Sun) 03:02 URL [EDIT]
かのんさんへ。
コメント、ありがとうございます。

>だからこそ、リアル。
>だからこそ、辛い。

いえ。。。そのリアルさが、ある意味読者にとっての
救いかもしれません。
現実ってそんな甘いものじゃない。そういう
違和感がありすぎる物語で世の中あふれてますから。

>まさしく、今、そんな物をリアルタイムで感じています。
>書いても書いても語り尽くせなくて、でもたぶん、
>語り尽くせないからこそ、語りたい・・みたいな。

かのんさんのレビューはすごく魅惑的ですが、
(私が書きたくて書けなかったものです。)
かのんさんもそう思われるのですね。

私もそれがあるから、清水ファンサイトを続けている。
『月の子』のレビューを止めたというより、
『月の子』のレビューを含み越えたものを、
『秘密』のレビューでも書いていきたいと願っているのです。
私にとって『月の子』のテーマの大事な根っこが、
『秘密』の中にも眠っているのですよ。とてもよい意味で。
『秘密』ってそういう意味でも、すごい作品ですよね。
FROM 夜子=管理人 2008.10.21. (Tue) 07:29 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。