【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.05.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
言の葉です。
思いをたくして。


  記憶。


幾重にも幾重にもかさなる、記憶、考察。
どこから、どこまで?
それに自分はいつ気付いていたのか。
誰かの思いだったのか。
あとで気付いたのか。
はじめから、知っていたのか。
いつしか、かさねられたのか。
とても。不思議だ。


清水作品は、『秘密』は、薪さんは、
いつしか私の血となり肉となり。
魂と想いと祈りとなり。
残酷な運命と戦う糧(かて)になり。


私はここに居ていいんだと。
それがどれだけの肯定か。
それにどれだけ救われたか。
あなたは私のくもの糸。
ぶっといロープではあるけれど。


たとえ明日が見えなくても。
ただここに居たいと願う。
あなたは私の、闇の中の光。


一日生きるごとに、私の中の、
あなたの世界はより深くなる。
あなたの世界により共感出来る。
あなたの世界をより深く感じられる。
そんな幸せな日々。


過去の暗闇も、
見えぬ未来も、
あなたが灯をくれる。


苦しみや悲しみさえも、
私を灯す、薪になる。


ずっとあなたとともに歩んできたよね。
起こるはずのない奇跡は、起きたね。


ただあなたの世界が好き。
それが全てのはじまり。


私の中に、力が湧いてくる。


いつか、私の見ているものが、
あなたにも見えますように。
私の不思議な足跡を。


恐がり、つまづきながらも、
今、私は、それでも、
前を向いて歩いているから。





関連記事
2015.04.12 (Sun) 17:40
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。