【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.06.
清水先生はイチローが好きだそうです。
ということで、私が好きなイチローの言葉を書きます。
あくまで私が好きな言葉を選んでいます。
(それぞれ独立した言葉で、私が勝手に並び替えています。)






「たのしんでやれ、とよくいわれますが、
 ぼくには、その意味がわかりません。

 たのしむというのは、決して笑顔で野球をやることではなくて、
 充実感をもってやることだと解釈してやってきました。
 ここに辿りつくまでのことを、いわゆる、
 「たのしんでやる」という表現は、とてもできません。」




41
「決して、人が求める理想を求めません。
 人が笑ってほしいときに笑いません。
 自分が笑いたいから笑います。

 自分の生きかたっていうのをしっかりと持って、
 まわりに流されずに、強い自分でいたいと思います。」




43
「ぼくがいままで苦しかったことのうちのひとつには、
 幅の広いファンの人たちとの接しかたもありました。
 でも、ファンの人たちの期待をあれこれ推測することは、
 ぼくはもう、やめようと思います。

 これからぼくがしたいことは、
 自分の理想を求めることなのです。」




42
「ひとりの人間のできることは、かぎられています。」


「世の中の流れに乗って、なにかを変えるきっかけを
 作ることはできたとしても、
 ひとりの力で世の中を変えることは無理です。」




112
「こんなに苦しいのは自分だけか、と思うこともたくさんあります。
 それを見せるか見せないかの話です。
 みなさん、ぼくのことは、疲れていないと思っていませんか?」




62
「過去のつみかさねがどれだけ大事なものかは、
 感じています。それがなければ、
 今の技術や精神はつくられなかったのですから」




(『夢をつかむイチロー262のメッセージ』
  /ぴあ株式会社/より引用)




イチロー 262のメッセージイチロー 262のメッセージ
(2005/03/11)
『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会

商品詳細を見る



関連記事
2014.11.12 (Wed) 13:47
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する