【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.06.
Aさんにささげます。いつもありがとうございます。
どれだけはげまされているか。


『秘密』本編と『秘密 season0』
のネタばれを多々含みます。





私は、『season0』とは、本編の薪さんが
生まれた日だと思っています。
『幻想のかけら』より、もっと前。


薪さんが薪さんになった日。
心を閉ざし、感情をおさえるようになった、
あの日、ゼロ地点。



鈴薪の話が、「鈴薪出会い編」だけなら、
『創世記』でコミックスを出せばいいわけで。
わざわざ意味深な『season0』とする
必要はないわけです。




『創世記』を読んで。

清水先生は、この薪さんを描きたくてしょうがなかったんだ。

青木視点の多い、薪の内面がふせられた『秘密』本編より、
『創世記』の薪の方が、ずっと感情がでていた。
私はそう感じました。
書きたくてしょうがないだろうなと。
続きそうだなと。



だから、『Deep Water』連載中も、
『秘密』そのものがすぐなくなるという、
不安はあまりなかったかな?
別の作品を連載しながら、構想を練ってるんだろうなって。
(これは、あくまでも私の印象ですが。)


『輝夜姫』と『秘密』の時のように。




あと、注目すべきは、
『メロディ』2013年8月号の、
「まっクロクロスケ」の話のタイトルは、
『秘密 THE TOP SECRET 特別編』であり、
タイトルに『season0』とは描かれていなかった。
『season0』2巻に収録されると思いますが。




『season0』は、鈴薪メインの話だと思います。
薪さんのゼロ地点へ向かっていくという。
長期連載と描かれていますし。



だから、来号はプロローグ的、導入部的な話で、
(時間軸が鈴薪時代のはるか未来ですが。)
そのあと、鈴薪の話になるのではないか?
私はそう思っています。



あれだけ薪さんが予告カットに載ってるのに、
もし次号に薪さんが出ていなかったら、哀しい。。。





あくまで願望を多々含んだ予想です。
ホントのことは『メロディ』6月号に載ってること以外は、
私には、まだ全然わかりません。


関連記事
2014.05.21 (Wed) 08:27
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する