【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.

清水玲子先生30thと『創世記』について。


えとですね、
清水玲子先生のデビュー作は、


1983年の「月刊ララ2月大増刊号
   『三叉路物語(ストーリー)』」



なので、清水先生は今年でデビュー30年!




ああこの記念すべき年に、
サイトの更新が少しずつ出来そうな、
この幸せ。
まだ間にあったんですね。
いろいろしたいのあるんですよね。






    ※清水先生のデビュー当時の作品群は、
    白泉社文庫「100万ポンドの愛」に、
    1982年~1984年に発表された7作が、
    まとめて収録されています。






清水先生、『創世記』、描いてて、
すっごく楽しそうだなぁ。


本編クライマックス時は、
必死で真剣って感じだったけど。
(↑それはあたりまえ。)


本編を終えたからか、
とても、『創世記』、楽しんでいらっしゃるんだろうなって、
私は、感じる。
いろいろ伏線もありますし。
こういう物語は、「ただ楽しいだけ」では描けないんだろうけど。


ただ、なんか、とても、楽しそう。すごくそう感じます。
「薪さんを描きたくて描きたくてしょうがない」みたいな。
遊び心満載、ファンサービス満載、みたいな。




スズマキも楽しいですね。
けど、青木のほうが、ずっと真面目で、誠実な人ですよね。



何か、「ショナ×ティルト」?に見えて仕方ない。



あと、「守」?
守って、本体の名前が、「ユーリー・ババーニン」で、
日本名を「鈴木由里(ゆうり)」って、1回だけ出ましたよね。
彼も実は「鈴木」という名字だったのよね。



髪黒塗りだとショナで、トーン張りだと守ですよね。



あ、『創世記』の話は、『秘密』本編を読んでなくても、
大丈夫だと思います。
『秘密』本編のずっと過去、
薪さんが大学時代の話ですから。



清水先生、デビュー30年、おめでとうございます。
私もマイペースで、自分の出来ることをやっていきたいです。



言霊(ことだま)に祈りをたくして。


関連記事
2013.01.19 (Sat) 07:49
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL