【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.06.
あ、サイトのほうで、『秘密』コミックス11・12巻の
ページをつくってます。
【表紙紹介】>【秘密1巻~12巻】


この紹介文は、やっぱ、こないだ書いたブログ記事の、
「闇の中の、光。」のイメージを、
いい意味で、引きずってるのかな?



ネタばれにならないように気を配ったけれど、
雰囲気は出てます。
雰囲気はでてしまいます。もうそれはしょうがないです。




コミックス11巻と12巻の表紙と帯が、
「光」と「闇」のイメージに見えたんです。
『メロディ』のコミックス予告の段階で、そう感じて、
でもコミックスのカバー色に、白と黒はもうあったし。。。。
と思ってたけど、やっぱり白と黒で素敵でしたね。
あとね、反転色の帯はあったほうがいい。うん。
帯付きがいいですよvvv


なので、うちのサイトの『秘密』11・12巻紹介も、
「光」と「闇」のイメージで書きました。




結局、『秘密』の一部のエッセイコミックが2本、
『秘密』単行本に収録されなかったので、
私が大好きな清水先生のお言葉を、書きますね。



「自分の力では どうしようもない現実
やりきれない空しさや 切なさ
そういう現実とまともに ぶつかってくじけて
ヘタれてしまった 弱い人間が好き」

「そして そんな
果てしなく続く まっ暗闇の中でも
もうない希望や 光や救いを探してしまう
何とも諦めの悪い人間が さらに好き」

「そんな愛すべき 生き物「人間」を、
この「秘密」の世界で
一人でも多く描いて行けたら、
私自身 頑張って行ける 気がするのです」



(『メロディ』2006年5月号 『秘密の秘密』より)



この言葉、
すごく好きだったので、単行本化されず、
残念です。




あと、『秘密』コミックスは、最初から「完全版」だったんですね。
今のコミックスが、すでに最上のもの。




最初からA5サイズで、カラーもほぼ収録。
(ロス君とか一部未収録もありますが。)
そう思うと、胸がいっぱいです。



泣きそうに。

想いが止まらない。。。。。



関連記事
2012.11.11 (Sun) 12:27
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL