【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
清水玲子作品(文庫・コミックス)より。



「シーザー。おまえは考えるライオンだ。
どんなに怒っても、本気で噛んじゃいけないって、
教えられたことを守ることが出来る。
どんな時も、本能を押さえることが出来る強いライオンだ。
ものすごく強いライオンだよ」



(清水玲子著『WILD CATS完全版』全1巻より
  白泉社ジェッツコミックスA5サイズ)

                     (2013年8月16日)




  【Blog版清水玲子全著作リストTOP】はこちらにあります。





________________________________



「あなたにこの世界の生き物を総て
 みせてあげたい」



(清水玲子著『パピヨン』より。
 白泉社文庫『パピヨン』全1巻)





「今まで、沢山の人にかかえあげられ、
沢山の人に愛されて別れてきたのは、
この人に逢うためだったのかもしれない。

この人なら、もしかしたら、
言ってくれるかもしれない。

今まで会ってきた沢山の人が、
誰もいってくれなかった、あの言葉を」



(清水玲子著『WILD CATS完全版』全1巻より
  白泉社ジェッツコミックスA5サイズ)

               (2013年4月1日) 




________________________________



「光」を望む「闇」


私にとって、清水玲子先生のお言葉の中でも、
とりわけ、好きで好きでたまらないお言葉。コミックス未収録です。



「自分の力では どうしようもない現実
やりきれない空しさや 切なさ
そういう現実とまともに ぶつかってくじけて
ヘタれてしまった 弱い人間が好き」

「そして そんな
果てしなく続く まっ暗闇の中でも
もうない希望や 光や救いを探してしまう
何とも諦めの悪い人間が さらに好き」

「そんな愛すべき 生き物「人間」を、
この「秘密」の世界で
一人でも多く描いて行けたら、
私自身 頑張って行ける 気がするのです」



(『メロディ』2006年5月号 『秘密の秘密』より)               
               (2013年3月19日)
 
 

________________________________



碧 「信じて愛して許す事」
楓 「それが『鬼』を人間に戻す方法?」
碧 「うん」
楓 「それだけ?」
碧 「うん」
碧 「ちゃんと愛されて許されて信じられて、
 『鬼』が『人間』にもどれたら。
 少しずつ少しずつ戻れたら‥‥」
    

             『輝夜姫』文庫14巻(清水玲子)より。
                      (2012年11月10日)

関連記事
2014.01.01 (Wed) 19:53
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する