【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.10.
清水玲子キャラの中でも、
とりわけ長く愛されているキャラ、ジャックとエレナ。
2人はロボットで、ジャックは「男性型」、
エレナは「セクスレス(両性皆無)」です。
2人は人の寿命よりはるか長く、時を超え、生き続けます。

私のサイト【月夜水の詩】の「ランキング」等参加コーナーでも、
2人への根強い愛は証明されています。



けれど、このシリーズには、サブタイトル等で
「ジャックとエレナ」とかは明記されておらず、
もしかしたら、どの作品がジャックとエレナシリーズか
わかりづらいかもしれません。



ジャックとエレナを愛し続ける人へ捧げます。






ジャックとエレナシリーズは、発表順をわかっていたほうが、
わかりやすいと思います。
あと、ジャックとエレナが好きだけど、どの作品がジャックとエレナなの?
という方の参考になればと。



なお、初期作品によく出てきた天竜とジャック
(とカイ、カイン)とかのリストを作るのは、
私には無理です。ごめんなさい。
あくまでジャックとエレナシリーズのロボットのジャックとエレナに限定して、
リストに整理しています。


----------------------------------------------


(1)『メタルと花嫁』(1985年初出)

ジャックがまだ自分を人間だと思っていたころの話です。
この話がジャックとエレナシリーズに含まれるかは
さまざまな意見がありますが、
文庫版『ミルキーウェイ』のあとがきで清水先生ご自身が、
「ジャックとエレナのロボットシリーズの第1作目」とおっしゃっています。
このジャックは金髪です。エレナは出てきません。
『ミルキーウェイ』の170年前の話です。


----------------------------------------------


(2)『ミルキーウェイ』(1986年初出)

エレナ初登場。
ジャックとエレナの出会いの話で、『メタルと花嫁』の170年後、
24世紀の話です。
ジャックにとってはエルを、
エレナにとっては天竜を失ってもずっと思い続けた
170年や200年だったそうです。
清水先生にとって「原点に近い作品」だそうです。


----------------------------------------------


(4)『ミルキーウェイ2』(1987年初出)

発表されたのは『竜の眠る星』の連載中になります。
エレナ→エイリアン
ジャック→人間の設定の、ジャックとエレナ主キャラのギャグパロです。
(3頭身ではなく、等身大です。)
本編より危ない話かも。


----------------------------------------------


(3)『竜の眠る星』全2巻(1986年~1988年初出)

『ミルキーウェイ』から2ヶ月後。
ジャックとエレナは仕事の探偵業の依頼で、
セレツネワ(竜星王)という星へ行くことになって。
ジャックとエレナの長編作品で、清水先生の初連載作品です。

エレナの過去と、欠落した記憶。
竜が住み、ちょっとクラシカルな星での話。


----------------------------------------------


(5)『月下美人』(1988年初出)

『竜の眠る星』のすこし後だと思います。
美人モデルとエレナの話。


----------------------------------------------


(6)『千の夜』(1989年初出)

『ミルキーウェイ』や『竜の眠る星』の、いわゆるジャックとエレナ本編より、
50年ほど前のエレナの話です。
未開の星アデレード星のサバイバルと、とある星の研究所での話。
作中に臓器移植の話も出てきます。


----------------------------------------------


(7)『天使たちの進化論』(1990年初出)

現在、ジャックとエレナの2人が登場する最後の作品と思われます。
私はこの作品の20年後が気になるのですが、
ジャックとエレナが2人そろうお話は、ここまでしか発表されていません。


----------------------------------------------


(8)『22XX』(1992年初出)

『ミルキーウェイ』『天使たちの進化論』の時代より200年ほど前、
ジャックの作られたころの、ジャックがまだ自分を人間だと思っていたころから、
自分をロボットだと認識した頃の話です。
『メタルと花嫁』とストーリー的にも時代的に重複しますが、
清水先生の作品の中でも、とりわけ評価された作品で、
「カニバリズム」(人肉食)がテーマの作品はこの作品です。


----------------------------------------------


『ロボット考』

3頭身のジャックとエレナのおはなし。
『ロボット考』はごく一部しか文庫に収録されていません。


   『ロボット考』掲載リストはこちら。


ジャックとエレナが大大大好きという方は、
もし機会があれば、「花とゆめコックス」『月の子』1巻の
(仮名)『竜の降る里編』(別名ポルノ編)をおすすめします。
白泉社文庫には、収録されていないんです(泣)。





----------------------------------------------


白泉社文庫の場合

■ 白泉社文庫『ミルキーウェイ』に収録
   (1)『メタルと花嫁』(1985年初出)
   (2)『ミルキーウェイ』(1986年初出)
   (4)『ミルキーウェイ2』(1987年初出)

■ 白泉社文庫『竜の眠る星』 全2巻に収録
   (3)『竜の眠る星』全2巻(1986年~1988年初出)

■ 白泉社文庫『天使たちの進化論』 に収録
   (5)『月下美人』(1988年初出)
   (6)『千の夜』(1989年初出)
   (7)『天使たちの進化論』(1990年初出)

■ 白泉社文庫『22XX』に収録
   (8)『22XX』(1992年初出)


『ロボット考』は別記のリンクを参照ください。


----------------------------------------------


花とゆめコミックスの場合

■ 花とゆめコミックス『ノアの宇宙船』に収録
(1)『メタルと花嫁』(1985年初出)

■ 花とゆめコミックス『ミルキーウェイ』に収録
(2)『ミルキーウェイ』(1986年初出)

■ 花とゆめコミックス 『竜の眠る星』 第3巻に収録
(4)『ミルキーウェイ2』(1987年初出)

■ 花とゆめコミックス 『竜の眠る星』 全5巻に収録
(3)『竜の眠る星』(1986年~1988年初出)

■ 花とゆめコミックス 『天使たちの進化論』 に収録
(5)『月下美人』(1988年初出)
(6)『千の夜』(1989年初出)
(7)『天使たちの進化論』(1990年初出)

■ 花とゆめコミックス『22XX』に収録
(8)『22XX』(1992年初出)


『ロボット考』は別記のリンクを参照ください。

関連記事
2010.09.20 (Mon) 08:16
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL