【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.06.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.08.
お久しぶりです★
ご心配をおかけして、申し訳ありません。。。
実は私が7年愛用していた、WinXPが、
寿命により、長い眠りにつきました。ずっと、ごくろうさま。




で、新規にWin7をなんとかGet出来ましたが、
PC環境を、少しずつやっている段階で、
これからサイトをどう作る、どのソフトで作る、
ということの結論は出てはいない。
かなり危ない状態で使っていたし、寿命は分かっていたし、
XPが使えなくなった時、どのソフトでどんな作り方がいいか。
ずっと考えていたのですが、まだ、すぐには決められそうにないです。


なので、【月夜水の詩】の、トップページの更新とかしばらくできません。
もう少し待ってください。m(_ _)m
しばらく、【月夜水の詩】【同盟―朋―】のほうは、動かせない。
あ、参加コーナーのほうはそれとは別にやっているので、
参加していただいて大丈夫です。
サイトの閲覧も大丈夫です。作る側のPC内での作り方の問題なので。


でも、私の中では「とりあえずこうしていこう」という方針は出来ています。
後はそれが実際に出来るかどうか。試してみたいです。



あと、もうじき、レンタルサーバの振り込み月です。
【月夜水の詩】と【同盟―朋―】は、別会社の別契約なのですが、
毎年この時期に、同じころに、契約更新なんです。
どちらも引き続き利用を続ける予定です。


確かにブログは便利。
でも、ブログではやりにくくてもサイトなら出来る。
そういったことってけっこうあると思います。
とくにうちのサイトは、ブログにはかんたんには持っていけないことが、
いろいろあるんです。
ブログのいいところ、足りないところ。
サイトのいいところ、足りないところ。
双方をよく考えて、これからもハイブリッドでやっていきたいです。


「ブログでは出来ない、サイトでないと出来ないことをやっている」
そうキッパリ言えるのは、サイトをやっている者として、
幸せなことなのかもしれません。



それから【月詩Blog】
のほうも、ブログの方針を修正したいと思っています。
いままで「ブログは一応『秘密』ブログ」にしていましたが、
これからは、「『秘密』を中心に清水作品全般を扱うブログ」にしたいなと。
私の意識の問題です。
もう新しいブログを開く余裕もないし。
サイト、ブログをいくつもやっているし。分けて増やすことはできない。
だから、このブログの方針を変えてしまおうと。



『秘密』について直接語れなくても。
過去の清水作品と『秘密』との関係性については語れる(はず)。
それが、結局は『秘密』を語ることになるのではと祈ってます。
『秘密』の中にはたくさんの過去作品が眠っている。
他作品を読んでいても、『秘密』を感じますね、私は。
名セリフを選んでいて。過去作品も語りたくなったんですね。
このブログのサイドバーにひっそり置いていたあの「名セリフ」は、
一応、『秘密』Fanでも楽しめそうなものを選ぶように心がけていました。



『メロディ』の柱の文庫紹介をみていて。
白泉社は、これからも清水先生の文庫を扱って下さるんだと、うれしかった。
清水先生の白泉社文庫は、絶版してはいない。
普通の書店では購入は難しいと思うけど。
きっと置いてはいないでしょうね。
でも。ネット書店とかなら買えるかもしれない。



参加コーナーを見直していて。
たくさんの方に、票とかコメントとか頂いてたんだなぁと。
維持したいなぁと。
アンケートでも、「他作品も語ってほしい」といくつか来ています。

もともと「マイナージャンルでもいい」と思っていました。
したいこと、出来ることをやっていきたい。



『秘密』は。好きすぎて語れない。感じすぎて語れない。
ならば、直接語れないならば。違う方法で、愛しているって叫ぼう。
【月夜水の詩】の原型のサイトは、第九シリーズが発表された日に生まれた。
清水作品も扱おうと思っていたサイトが。薪さんが生まれた日に生まれた。
私が薪さんと出会えた日は、その日より数日遅れています。
サイト開設の時点で、私は『秘密2001』を読んではいなかった。
第一話からずっと、『メロディ』で追いかけていた。
だから。データベースで十分だったのかもしれない。
維持で十分なのかもしれない。
もっとやさしくなりたかった。周りの激動に、ついていくことが出来ない。
きっと人には得意ことと不得意なことがある。
出来ないことでこれ以上自分を追いつめていたら、
私はここに居続けることは出来ない。
出来ることを。自分のペースで。私にはそれくらいしか出来ないから。


拍手、拍手コメありがとうございます。
体調を崩したり、PCのことがあったりで、
精神的にもとてもきつい時期だったので、すごくうれしかったです。

関連記事
2010.05.21 (Fri) 07:42
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL