【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.06.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.08.
『秘密』ストーリーで。
いまだ回想や、人の記憶、錯覚、そして、鈴木自身の
脳の映像からでしか、語られていない、鈴木さん。

うちのランキングでも、特別に愛されていて、
その人気は、青木に迫るほど。(いや、超えてる?)


最初から故人だったのに、この人気はすごいですね。


私自身、サイトの【深く語る。】というコーナーで、
最初に語ったのが、鈴木さんだった。


今の薪は、『秘密』という物語は、
鈴木ぬきでは語れない。
薪は、鈴木の死を乗り越えないと、
きっとここから抜け出せない。少なくとも今は。

きっと、清水玲子先生の、『秘密』という物語での、
最大の、最後の切り札になりうるだろうから、
そんな簡単に、鈴木の過去編とかは発表されないな、と、
私は感じています。

鈴木を殺したことに、苦悩する薪。
実際には、正当防衛ではなかった薪は、
処分や裁判によっては、罪を問われる立場で、
そのことに誰よりも薪自身が、気付いている気がする。

鈴木の死は、薪の正当防衛として、処理されているだけで、
(正当防衛ということにしとかないと警察の信用ガタ落ちで大混乱。)
だから、鈴木の脳は、『2001』時点では、
封印されたままだったのかもしれない。
今でも、警察内部にさえ、伏せられているのかも。
ならば、薪は、なおさら自分を責めているのだろう。


薪は、鈴木の脳を、(青木が見せた以上に)
見たのだろうか?
あるいは、これから、見るのだろうか?

鈴木は何を願っていたのだろう。
その真実は、薪を救えるのだろうか?
それとも――――。


関連記事
2008.09.23 (Tue) 21:01
COMMENT
こんばんゎです。
私も薪さんが鈴木を撃ち殺したことを後悔してその死を乗り越えられていないんじゃないかと思います。
アニメでもう一度鈴木の脳を見て薪さんが立ち直れることを祈ります。
でもぉ、貝沼とか出てきて再起不能になったりしてぇ~(><。)
いえいえ、そんなことのないように私は祈ってますぅ。
薪さんは正当防衛じゃなくても鈴木の望み通りにしたのですから~
鈴木は薪さんを救えたと思って天国へ旅立って行ったと思いますぅ。
私も鈴木X薪派なので~今日、鈴木の詩をブログに書きました。
夜子様が鈴木のことを書くなんて奇遇ですね。^^;




FROM あみりん 2008.09.23. (Tue) 21:42 URL [EDIT]
あわわ・・・
今日一日、鈴木さんの妄想で幸せに浸っていた私の横っ面を、張り倒したい気分になりました。
鈴木さんとの過去編を心待ちにしていましたが、それがものすごく過酷な話になってしまう可能性というのを全然考えてなかったので、頭を殴られたような衝撃がありました。
わ~~~・・・薪さん、どうなってしまうんでしょう。なんだか怖いです(>_<)
FROM こゆう 2008.09.23. (Tue) 22:44 URL [EDIT]
核ですね・・
>最大の、最後の切り札になりうるだろうから、
>そんな簡単に、鈴木の過去編とかは発表されないな、と、

確かにその通りだと思います。物語の核となる部分ですよね。
鈴木さんという存在が、薪さんを救ってくれるものなのか?
それとも、真逆のものなのか?
ファンが何よりも一番知りたい部分なのではないでしょうか。

私は少しでも薪さんが救われる方に望みを持ちたいです。
薪さんにとって鈴木さんという存在が、
苦しみではなく安らぎを与えてくれるものと信じたいです。

『テーマ』と『萌え』の狭間で揺れ動くファン心理・・・

やはり鈴木さんとの過去編が読みたいです。
幸せだった頃の薪さんの笑顔が見たいです。
FROM コハルビヨリ 2008.09.23. (Tue) 23:53 URL [EDIT]
あみりんさん、こゆうさんへ。
ごめんなさい、あみりんさん、こゆうさん(汗)。
ブログに書くにはきつすぎることだったのでしょうか??
そういう加減が、まだつかめない。

私の『秘密』レビューを読みたいと言って下さった方はいたけど。
キツイでしょうか。。。。。。


アニメの展開は私にはどうでもいいから置いといて。


>薪さんは正当防衛じゃなくても鈴木の望み通りにしたのですから~
>鈴木は薪さんを救えたと思って天国へ旅立って行ったと思いますぅ。

この望み・・・・・・というのは、
人の望みは必ずしもひとつではなくて、
その時心の底の一部では、
ほんとうは、薪に対し、「自分を生かす形で、救って欲しかった」と
願っていた可能性も、もしかしたら、あるかもしれないのです。
あるいは、「生きて薪を守った方がいい」と、どこかで
わかっていたかもしれないし。そういう可能性、ゼロだろうか?

でも、やっぱり、鈴木さんは薪さんを守りたかったのだと、
思います(願います)。
そして、自分のことで薪さんが苦しんでいるのを、
悲しみながら、見守っているのだと思います(願います)。



私も、パロディで、こんな詩も書いてます★

パロディ「詩」
http://aquamoon.serio.jp/parody/si_top.html

FROM 夜子=管理人 2008.09.24. (Wed) 00:55 URL [EDIT]
コハルビヨリさんへ。
下書きの関係で、追記みたいになります。

>鈴木さんという存在が、薪さんを救ってくれるものなのか?
>それとも、真逆のものなのか?

でも。。。。やっぱり、鈴木さんは、最後の時、
たとえこの先を(死を選んだことを)後悔していたとしても、
「見せなかった」ことで、
少しはホッとして逝ったのだと願います。。

薪さんには幸せになって欲しい。鈴木のためにも。
今のままだと、鈴木さん泣いてるかも。
自分が薪を苦しめてしまったと。

薪さんがいつか、自分自身に縛られず、
好きなことを好きなようにし、いつか救われることを願います。

テーマ・・・・・・最近少しずつ、やさしい方に変ってきた気がする。
気のせいでしょうか・・・・・・?

FROM 夜子=管理人 2008.09.24. (Wed) 00:58 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL