【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.06.
やさしくなろうとすることはいけないことだろうか?
ゆるそうとするのは、いけないことだろうか?
雪子が、いっそ薪さんを憎めばよかったのか?

私は。
やさしさよりも、
執着する憎しみよりも、
もっと残酷な感情があることを知っています。


雪子が嫌いな人は読まないほうがいいかもしれません。

そして、自分が思ってもいない感想を書くくらいなら、
何も書かないほうがいいかもしれない、とも私は思っています。


『秘密2009 特別編 一期一会』 レビュー1 「薪と雪子・1」
の続きなので、できればこちらを先にお読み下さい。
『メロディ』2009年10月号までのネタバレを含みます。


前回のレビューでは、三好雪子のことを「三好」と呼んでいましたが、
自分の中で彼女への感情が変わったので、「雪子」と呼びます。




その人に痛みなんてないと。
無関心をよそうって、同じ痛みを持つ人間と思わない。
その感情のほうが、たくさんあって、
薪さんはそういう、バッシングや悪意の目に、
平気なフリをしながら、心から血を流していた。

雪子がいっそ、薪さんを憎めばよかった?
憎しみならまだいい。
薪さんには痛みも血の涙もない、人殺しだと、
雪子がそう思えば、本当に薪さんは救われた?

『輝夜姫』で復讐の鬼になりかけていたドナーが、
自分なりに、自分が生き返ったことの意味を見つけていった。
憎しみも、つらいんです。


薪さんも、雪子も、お互いを憎めなかった。
憎しみの連鎖を断ち切ろうとしていた。


事件の後、雪子が、「第一」で地位を得、仕事に打ちこめて、
大声で笑う。
その姿は、薪さんの救いだったのかもしれない。

と、同時に、嫉妬もしていただろう。
鈴木を失って、鈴木の死に侵されていく自分と、
光の中にいる雪子(に薪さんには見えた)に対して。
うらやましいと思っていた気がする。


鈴木を失った雪子が、仕事を続けることは、
いけないことでしょうか?
当然だし。仕事で鈴木さんのことを、忘れようと、
生きがいを探そうとしていたと思う。

「第一」の花形と、誤解の多い「第九」の室長。
もしかしたら、そこも、薪さんは嫉妬していたのかもしれない。


「あなたは決定的に想像力に欠けている。
どう頑張っても自分をとりまく倖せな人生しか想像できない」
あれは、薪さんの、嫉妬だ。
前向きに生きようとする雪子が、うらやましかったのではないか?


憎しみならまだいい。でも、もっと非情に、
雪子が、薪を、「もう人らしい痛みも感じない人間」、とか思って、
薪に接しればよかったか?
それで本当に、救われるの? 私はそうは思わない。


薪が雪子に憎まれようとしていたとして。
なら、何故雪子の見舞いに、どうして行った?
何故雪子の心配をして携帯をかけた?


雪子が薪を憎んでいたら、もっと薪を傷つけることもできたと思う。
でも、そうじゃなかったよね??


憎しみの連鎖が、いつか断ち切れたらいいのに。


薪さんは、雪子が泣く声や責めを抑えていたことに
気付いたのかもしれない。
薪に手をのばしたかったことに、気付いたのかもしれない。
そのことに救われて、綺麗な涙を流したのかもしれない。

鈴木の遺族も、だれも、自分を人間と思ってくれなかった。
でも、雪子は、こんなにも、自分にも痛みがあることに、
気付いて、感情を必死に抑えた。
一番自分を憎むはずの人が、自分にも痛みがあると、気付いてくれた。
一番許して欲しい人が、痛みに気付いてくれた。


薪さんは、救われたと思う。

雪子が、薪を傷つけたくないと思うことに。
薪をうらみきれなかったことに。


そして、薪さんの雪子の避け方は、先ほど書いた、
「無関係という名の蔑視」、と、雪子は誤解していた気がする。


「すいません」
・・・・・・自分が一番傷つくことを、あなたにまでしてしまって。
・・・・・・あなたは僕の痛みを理解してくれようとしていた。
・・・・・・鈴木を奪った僕なのに、ゆるそうと努力してくれてた。


鈴木の死は、鈴木の問題だ。責められるのは、鈴木のはずだ。
雪子は関係ない。
雪子だって、必死に生きようとしている。
もし雪子が、(青木のことにも関係ない頃から)
不幸だったら、笑っていなかったら、薪はどれだけ自分を責めた?
青木がはさまれたから、薪と雪子は、微妙になった。
でも青木が関わる前の雪子の生き方を、私は否定できないのだ。


憎しみの輪が断ち切れたらいいのに。


あと、青木もいろいろ。。。もうふらふらしないで欲しいよ。。。。。
なんで雪子と薪の間で、ふらふらするかな。
どちらが傷ついても、相手も傷つくのに。。。。
せっかく雪子も薪も、必死に生きてきたのに。
傷が深くなりすぎる前にはっきりして欲しいよ。。。




PS.8月31日、このブログは、35000hitになりました。
ありがとうございます。
拍手とカウンタに励まされています。(//▽//)
試行錯誤しながら、自分の出来ることを、探していきたいと思います。

関連記事
2009.09.03 (Thu) 17:50
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL