【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
また、『秘密』を読むときおすすめな曲の紹介をします。
私が『秘密』にひたりたかったり、
ブログ回りする時とかによく聞いている曲です。

今日は、平原綾香の、対照的な2曲より。
平原綾香の意志の強い歌いかたが好きです。



■「新世界」(うた:平原綾香)
■「ノクターン」(うた:平原綾香)



「新世界」(うた:平原綾香)


【When I'm lost 青い 月明かり 夢の続き 探してた
 出会い 別れ 夢やぶれて すべてが 終わりのように見えた
 どんな 自分を 生きればいい どこまで 人を 信じればいい
 きっと 心に 夜明けは来る まだ 見えない未来の 向こうから】



最初に聞いたのがフルコーラスでしたが、
すごい衝撃を受けました。
後半がいきなりポジティブすぎ?
とかとも思うのですが。

5月末、初めてiストアで買ったのがこの曲でした。

この曲のように、
薪さんが、強く前向きに生きる日が来ることを、
心から願います。
私は薪さんを、『秘密』を信じているから。
いつか彼が自分を肯定する日、自分の過去を乗り越える日が
くることを、心から祈ります。




「ノクターン」(うた:平原綾香)

    (この歌は英詞なので、和訳を紹介します。)

【真実の愛とは無償の愛  あなたは私の運命の人
 あなたの愛 その愛情に満ちた眼差し
 闇を知っているから光を感じるもの
 全て意味あること 風にそよぐカンパニュラでさえも】


「新世界」とは、とても対照的な曲です。
厳かに。叫ぶように。とても訴えかけてくる旋律です。
自己犠牲のイメージっぽい。

歌詞より、旋律のほうが、『秘密』のイメージなんです。
薪さんの崇高な魂。
まっすぐで、激しくて、綺麗で、はかなくて、強い。


「闇」とか「光」とか「夜」とか「夜明け」とかいう言葉が、
やたら好きみたいですね、私。

関連記事
2009.08.05 (Wed) 06:29
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL