【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
【プロフィール】の、【現在好きなキャラ】の、
3位を青木に変更しました。
  ★1位:薪さん
  ★2位:岡部さん
はそのままです。

そして、【はじめに】の、【『秘密』で一番好きな話】を、
『秘密2009』に変更しました。


薪さんには未来を向いて欲しいから。


ただ。私は、今でも、薪さんにとって、
青木の存在は救いかもしれないけれど、同時に、
薪さんを壊してしまうかもしれない存在であるという
気持ちが消えません。

愛されてそれで終わりじゃない。
薪さんは自分が守られてそれですむ人ではない。
薪さんの負うものは、かんたんに青木の負えるものではない。


傷に触れることは、危険で諸刃である。


青木は、薪さんにとって、光であり、
けれど、今までたくさん薪さんを傷つけてきたから。


どちらに転ぶかわからないんです。
『月の子』のアートも、ジミーの全てを、
信じきれたわけではなかったから。
信じてはいなかったけれど、それでもジミーを愛していた。



岡部さんは、多分、「第九」の闇も
全てといっていいほど、見てきて、
たくさん薪さんや「第九」のフォローをしてきたのだと思います。
岡部さんはすごい人だと思います。
薪さんに説明を受けなくても、
薪さんが今部下にどう動いて欲しいか、見抜いてしまう。
薪さんを傷つけない方法で、いつも見守ってきた。
薪さんと岡部さんの信頼関係は、ものすごく、深い。
だから、私は岡部さんが好きなんです。



青木が、薪さんにとって光なのか、深く傷つける存在か。



ここまで考えていて、今号の表紙をみていて、ある思いが浮びました。


第九の部下Yさんの記事
【いつもあなたを守ってる:2009 ACT.3 感想 その2】

に、かなり、、というか、完全に影響を受けているのですが。
(Yさんすいません。。。。)

『メロディ』6月号表紙。
トランプをする薪さんと青木。

薪さんの手の内(=薪さんの心)を覗こうとする青木。
薪さんによりそい、守ろうとしている青木。
でも。
「ジョーカー」と「ハートのエース」の手札を
差し出しているのも、それもまた、青木。

タロットカードのスォード(剣)の逆位置についても、
第九の部下Yさんが指摘なさっていたけれど、

1994年発売の【清水玲子ミラクルタロット】(写真はこちら)
の、清水先生のタロットカードのマニュアルブックの、
「ACE of SWORDS」の逆位置の意味を引用すると、
「人情がない、気まぐれな破壊、不信感、障害、
妨害、無気力、陰口、貪欲さ、暴力。」
(ちなみにスォードはトランプではスペードにあたる。)

です。青いバラと言えば、薪さんかもしれない。
薪さんを貫く、剣。

青木の手にするものは、
「ハート」=愛、信頼、希望。。。なのか、
「「ACE of SWORDS」の逆位置+青バラのジョーカー」
=薪さんを傷つける。。。のか。

薪さんの心を知ろうと、薪さんに寄り添うのも青木。
薪さんに2つのカードを差し出すのも、それも青木なのだ。


今号を読んでいて、最初からそう思っていたのではなく、
いろんなレビューを読んだり、
自分でずっと触れていなかった(忘れていた)タロットを見つけ、
思い出し、見ていていろいろ考えて。
時間を重ねるうち、
やっと今、つながった気がします。


青木を信じたい。信じたいから。


【現在好きなキャラ】の、3位を青木にしたいと思ったのです。






Melody (メロディ) 2009年 06月号 [雑誌]Melody (メロディ) 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/28)
不明

商品詳細を見る


関連記事
2009.06.20 (Sat) 01:52
COMMENT
青いバラは誰?
夜子さん こんにちは

すっかり遅くなってしまいました。

あれこれ考えたのですが、青いバラが指している人物はやはり薪さんなのでしょうか。

私は最初、青木のことだと思ったのです。

薪さんが青バラの木に寝っ転がっている絵がありますよね。あれは、薪さんが、とげを持つ美しいバラ=青木に囚われているのだと私はずっと思っていました。

いえ、あの、青木がバラのように美しいというのではなく、青木の心はバラのように美しいかもしれないが、薪さんの目には青木はバラのように好ましく映るかもしれないが、存在そのものが薪さんを傷つける一面を持っているから、と思っていたのです。

私はバラが好きで、何本か持っていますが、バラを愛するなら、必ずひっかき傷を覚悟しなくてはならないのです。

青木に抱かれながら、それを夢見ながら、でも、それを望むのなら、自分が傷つくことを覚悟しなくてはならないのだと、そういう意味にとっていました。

でも、とげとげのバラは薪さん本人のほうが、しっくり馴染みますね。バラのように美しいのに、内面にとげとげを抱えて。
あるいは、その刺で自らを傷つけることで、自分の存在を意味づけている。

そうすると、ハートが青木なら、そのほうが青木によく似合います。心の温かい青木らしいです。

本当は一番美しいのに、どうしてもとげとげして、しかも、逆位置の剣に突き刺される薪さんは、良心の呵責か、人間不信か。やりきれなさが自暴自棄につながるか。

そんな薪さんをハートのエースの青木が背後から守っているように思えてきました。

いろいろ考えちゃいますよね。
ピエロのジョーカーなら、何も考えなかったでしょうから。


・・・じゃあ、薪さんのしかめっ面はなんでしょうね? カードが沢山手元に残っているからかな?(^^;

お邪魔しました。
引用していただいてありがとうございました。

FROM 第九の部下Y 2009.06.25. (Thu) 22:02 URL [EDIT]
第九の部下Yさんへ。
こんにちは、第九の部下Yさん。
コメありがとうございます★
なんかコメレスしていて、いろいろ考えちゃいました。

>私は最初、青木のことだと思ったのです。
>薪さんが青バラの木に寝っ転がっている絵がありますよね。あれは、薪さんが、とげを持つ美しいバラ=青木に囚われているのだと私はずっと思っていました。

「『秘密2005』見開き扉イラスト」の青いバラは青木。。。それは気づいてなかったです。
気高く美しく、とげを持つ。それは薪さんと、ストレートに私は思ってしまったんです。

>いえ、あの、青木がバラのように美しいというのではなく、青木の心はバラのように美しいかもしれないが、薪さんの目には青木はバラのように好ましく映るかもしれないが、存在そのものが薪さんを傷つける一面を持っているから、と思っていたのです。

すごく詩的で美しい情景ですね。
私は、薪さんというキャラクター、もしくは薪さんのおかれる状況が、
青いイバラだと思っていました。

「青木に抱かれながら、それを夢見ながら」
という表現も、めっちゃ綺麗です。
薪を包むバラが、私も青木に見えてきました。
「囚われる」。。。綺麗です。めっちゃ綺麗です!!

多分これからは私には、「『秘密2005』見開き扉イラスト」は、
青バラは薪さんにも青木にも見えると思います。
どちらに見えても、素敵すぎます~~★
一枚で何度でもおいしい。すごいですよね!

>バラを愛するなら、必ずひっかき傷を覚悟しなくてはならないのです。
>青木に抱かれながら、それを夢見ながら、でも、それを望むのなら、自分が傷つくことを覚悟しなくてはならないのだと、そういう意味にとっていました。

そうですよね。薪さんは、ずっと前から、自分が傷つくのはかまわないから、
「第九」を守りたい、そう思っていると感じていました。
もしかしたら、「青木を愛することで(必要とすることで)」自分が傷つくのも、
かまわないと、そう思っていたのかもしれないと、そう感じました。
自分が傷つくかもしれない。それでも青木を見ていたい、と。

>いろいろ考えちゃいますよね。
>ピエロのジョーカーなら、何も考えなかったでしょうから。

私なんて、青バラも剣も、深く考えてませんでしたから(^^;)
Yさんや、他のブロガーさんのブログを読んで。タロット見つけて。
(あ★タロットGETなさったんですね。めっちゃうれしかったです★)
タロットのスォードを見つけて。その考えが私の中に眠って。
何かいきなりいろんなことがつながって、この記事を書いた気がします。

>引用していただいてありがとうございました。

引用と言うか、多大に影響を受けました。
Yさんに、心からの感謝を込めて。

FROM 夜子 2009.06.26. (Fri) 18:24 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL