【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.10.
『メロディ』6月号をGET★しました。

(少々ネタバレなので、今号未読の方はご注意下さい。)


まず、白泉社公式に載っていた今号の『メロディ』表紙見て、
「うわぁ。もろに腐★の香がする絵だなぁ。」
「私は好きになるだろうけど、メロディ的に大丈夫なの??」
と、びっくりしていました。

GETするまで気が気でなかったよ。
そのときに、今号のストーリーが、
今号で完結しないことも、判ってしまいました。

そして。やっとGETして。

モノクロ扉も、腐腐腐♪♪

なんて、強くやさしい薪。青木。
可能性はゼロではなくて、できることを懸命に探す。
そうなんだ。「だから警視正なんです。」
ならば、第九でない警察官としても、薪はもともと有能だったのか。


弱くて壊れそうな時。
優しい声や、抱きしめられたり笑顔をもらうこと。
それは、たとえ状況は変わらなくても、
心の荷物は、きっとやさしく軽くなるはず。

でも、一度甘えてしまうと、弱くなってしまうかもしれない。


ずっと『秘密』を愛してきて良かった。
ただ残酷なだけでなく。ただ冷たいほどリアルというわけではなくて。
この清水玲子先生の世界観、作風が好きなんだろうと思う。


心が優しくなってくるんです。出来ることを越えても、最善を尽くす。
たとえ、幸せな今の分、反動があるかもしれなくても。
だって、幸せな未来があるかもしれない。わからないけれど。
今号の『秘密』は何かが違ったのだ。


この気持ちを上手く書けなくて、もどかしいです。。。。
多分、時間がたつと、もっと気持ちの整理もつくんだろうけど。





Melody (メロディ) 2009年 06月号 [雑誌]Melody (メロディ) 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/28)
不明

商品詳細を見る


関連記事
2009.04.28 (Tue) 22:12
COMMENT
こんばんわ★
夜子さん、お久しぶりですvvv

実はこの記事拝見してから、ず-っとコメしたかったんですけど、
なかなか落ち着いて時間がとれず、今になってしまいました(><;

>まず、白泉社公式に載っていた今号の『メロディ』表紙見て、
>「うわぁ。もろに腐★の香がする絵だなぁ。」

本当ですか?やっぱりそう思われます?!
私、メロディ相方に見せてるんですけど、表紙についてはスルーだったんで、
「あ、意外と大丈夫・・・なのかな?」と思ってました(^^;
一度腐っちゃうと冷静に見ることが困難になってしまって(汗)

>モノクロ扉も、腐腐腐♪♪

きゃあ!夜子さんが「腐腐腐♪♪」だなんて!
かなり驚きました(@@; いえ、嬉しいですけどね♪ウ腐♪

>ならば、第九でない警察官としても、薪はもともと有能だったのか。

有能すぎて、思う存分力を発揮できなかったかもしれませんね。
例えば、第九でなかったら?警察官でなかったら?サラリーマンだったら?
まぁ、どちらにしても薪さんは「薪さん」かなvvv

>ただ残酷なだけでなく。ただ冷たいほどリアルというわけではなくて。
>この清水玲子先生の世界観、作風が好きなんだろうと思う。

リアルで残酷で優しい世界。
読めば読むほどに堪らない切なさで惹き付けられますね・・・

>今号の『秘密』は何かが違ったのだ。

それは私も感じました。これから『秘密』はどうなって行くのか・・・
楽しみ?ワクワク?恐い?ドキドキ?
いろんな感情が入り交じって自分でも大混乱ですw
こんなに心乱される漫画は他にありませんね。

これからも『秘密』と向き合って、
薪さん達の行く先を見守り続けたいと思います(^-^)


それにしても驚きました。

メロディの写真でかっっっ!!!(@□@;

うちでは小さいのしか選べないんですけど・・・何故(??)
随時適用されていくんですかね???
う~ん、気になるのでまた試してみます(><;

FROM コハルビヨリ 2009.05.07. (Thu) 21:39 URL [EDIT]
コハルさんへ。
コメありがとうございます。
いえいえ。私も風邪で落ちてましたから。
見たら絶対夢中になると思って。。。。
ブログめぐり、すっごい楽しかったです★

>本当ですか?やっぱりそう思われます?!

一見ただのトランプ。
でも腐った目には、いちゃいちゃで超意味深、な。
すっごい絵ですよね。

ずーっと昔、セツを抱きしめているショナが、『LaLa』の
表紙を飾ったことがあって。後で知ったんですけど、中古買って。
(花とゆめコミックス『月の子』10巻表紙。)
その時は、それがベンなのかセツなのか。
セツは女性化しているのか、中性体でズラなのか。
といった絵でしたから。まだ女性化してなかったんですよね、その時は。
すごいですよね、見せ方が。一応表面的にはノーマルという形なのかとか。

清水先生の絵は、暗示的で、解読しようとしてはじめてドキドキする。
すごいテクですよね。だから絵のひとつひとつが、キラキラしてるんです。

>きゃあ!夜子さんが「腐腐腐♪♪」だなんて!
>かなり驚きました(@@; いえ、嬉しいですけどね♪ウ腐♪

え?? だってもともと私、ティルト×セツ派、ショナ×セツ派ですよ。
しかも十数年前からずっと。
昔は自分変じゃないかと悩みましたけど。もう今さら。
青木×薪、岡部×薪よりもティ×セのほうが、ずっとアブナイですよ。
清水作品って、タブーのないノーマルカップリングのほうが希少でしょう?
私は、「心さえつながってたらプラトニックでも満足派」ですが、
『月の子』『MAGIC』のようなキワドイ作品を描かれた方だし。
清水作品って「心のつながり」のほうは、ムチャクチャ深いんです。
今号の表紙、扉、話は大好物です★

岡部さんが第九に来る前は明かされましたし。
薪さんが以前どういう部署にいたか、とても気になりますね。

なんだろう。何かが違ったんですね。
深いと同時にやさしくなったいうか。でも甘いとは全然違うんですよね。
青木×薪はいちゃついてましたが。薪さんの苦しみの描き方が、切なくて。
事件と第九の立場のほうは、救いのない方向にいったんですよね。

>メロディの写真でかっっっ!!!(@□@;
>うちでは小さいのしか選べないんですけど・・・何故(??

え?? ダメでした???
もしかしたら、コハルさんちは3カラムだからかも。
3カラムだとどうしても、ウィンドウ幅が狭くなりますから。
サイドバーに200×40ピクセルのバナーが使えないのと、
同じ理屈かもしれません。
とすると、2カラムのほうが、大きい画像を使えるのかもしれません。
WinとMacでは、ピクセルなどの表示サイズがちょっと違って、
全体的なデザインが、違って見えた記憶があります。
あとテンプレごとでも、メインカラムとサブカラムのウィンドウ幅が、
違ってくると思います。

作成した人により、基準も違ってくるんですよね。
OS、ソフト、画面サイズが違ってくると、
どうしても同じには見えないみたいだし。
もう動作確認して、ある程度は割り切るしか。。。。
割り切るしかないみたいですね。
コハルさんのはうちのWinでもちゃんと見えていますよ。

ちなみに、私はこゆうさんの影響なんですよね。
アマゾンの画像は、いつも発売から何日か表紙画像が遅れるので
とりあえず後にしたのですが、
こゆうさんのブログ見て、「でか!!」
と衝撃を受けて。即大きな画像に取りかえたんです。
好きですよ、この表紙。
ハートのAは、いろんな方のレビューを読むまで、見落としてたんですよね。

ああ。これが(読むのが)私の幸せなんだなーと。
FROM 夜子=管理人 2009.05.08. (Fri) 19:58 URL [EDIT]
NO TITLE
こんにちは。
過去記事へのコメ、失礼致しますm(_ _)m

今号のメロディ表紙は、もうもう、大好物☆ですね!(^^)
どれだけ眺めたことか・・(その影響で薪さんとカードをする夢まで見てしまった程・・)
この表紙だけでしばらく語れますよね・・と言うか、皆さんのレビューを拝見すると、実際に皆さんしっかり表紙だけで語ってらっしゃいますよね(^^;)
しかもそれぞれに、独自の解釈があって、その辺りが清水先生のすごいところだなあと・・

>なんて、強くやさしい薪。青木。
>可能性はゼロではなくて、できることを懸命に探す。

本当にそうですね。
本当の意味での人間の強さって何か、優しさって何か、「秘密」では、いつもそれを教えられる気がします。

>弱くて壊れそうな時。
>優しい声や、抱きしめられたり笑顔をもらうこと。
>それは、たとえ状況は変わらなくても、
>心の荷物は、きっとやさしく軽くなるはず。

この辺りで、ちょっと涙が・・・・
そうなんです、そうなんですよね・・・・

>でも、一度甘えてしまうと、弱くなってしまうかもしれない。

うんうん。薪さんは、それを恐れているかもしれない、と思うこともあります。
一度、人に胸の内をさらけ出すことを覚えてしまうと、作っていた壁が崩れてしまったり。
大切にしたい物が出来てしまうと、失うことの恐さを、覚えてしまったり。

特に、薪さんは、一度失っているからこそ。
だから、孤高でいようとするのかも・・と。

夜子さんのおっしゃるとおり、清水先生の世界は、人の弱さ、愚かさ、残酷さを見せながらも、そこに留まっていない。
最終的には、そんな愚かな「人」という生き物を、とても愛おしく見つめてらっしゃる。
そして、ただ弱く愚かなだけではなく、強さや優しさも秘めていると、そう「人」という生き物を、信じてらっしゃるのかなと、そう思います。

>事件と第九の立場のほうは、救いのない方向にいったんですよね。

そうなんですよね。
この部分が辛い・・
薪さんがこの事実を知った時、どう受け止めるのか・・考えると本当に苦しいです・・
FROM かのん 2009.05.19. (Tue) 12:58 URL [EDIT]
かのんさんへ。
かのんさん今晩は。
コメありがとうございます。すごいうれしかったです。
やっと今日、願う会バナーを設置できました★


今号のメロディ表紙、ほんとに大反響ですよね~。
語っても語っても語りつくせない状態だったようですね。
いろんな説があってすっごく面白かったです。
鈴木さん説まであって。
表紙だけで語れる。皆さん羽ばたかれているからwww
原作のパワーはすごいです。
一枚一枚に、深い暗示や背景やメッセージがある。
それはFanとして、とても幸せなことだと思います。

『秘密』キャラって、強いだけの人間も、弱いだけの人間も
いないんですよね。
そういう『秘密』という物語を読むのは、
私の人生にも大きく影響している気がします。


>>弱くて壊れそうな時。
>>優しい声や、抱きしめられたり笑顔をもらうこと。
>>それは、たとえ状況は変わらなくても、
>>心の荷物は、きっとやさしく軽くなるはず。
>この辺りで、ちょっと涙が・・・・
>そうなんです、そうなんですよね・・・・

な、泣きそうでしたか??  (o・_・)ノ”(ノ_<。)
でも、もし、壊れそうな人がそばにいたら。
きっとそういうことが大事なんだと思います。
恋人になれ、伴侶になれとか。
それ以前に、友達でも仲間でも家族もいい。
ただ大丈夫と、優しい声や、そばに居ること。
それが大事だと思います。
だから今号=「あおまきラヴ」にいくとは、限らないんですよ。
と私は思います。


薪さんは、自分が愛されると、今度はその人まで、
死んでしまう、その恐怖心が、消えないのだと思います。
薪さんは愛しているのに、その自分が愛した
その人から愛されることを恐れている。
・・・・・・ほんと、岡部さんはすごい。
そんな薪さんのことを、ずっと守ってきたから。


>>事件と第九の立場のほうは、
>>救いのない方向にいったんですよね。
>そうなんですよね。
>この部分が辛い・・
>薪さんがこの事実を知った時、どう受け止めるのか・・
>考えると本当に苦しいです・・

ほんとうにね。゛(`ヘ´#)
あれだけ救助のために第九が働いたことも、
「だからそんなことをしてたから事件がおきた」
「そもそも大臣に遺留品を見せたのが悪い」
とか、台無しにされたら悲しいですね。( ̄△ ̄#)


>清水先生の世界は、人の弱さ、愚かさ、残酷さを
>見せながらも、そこに留まっていない。
>最終的には、そんな愚かな「人」という生き物を、
>とても愛おしく見つめてらっしゃる。
>そして、ただ弱く愚かなだけではなく、
>強さや優しさも秘めていると、そう「人」という生き物を、
>信じてらっしゃるのかなと、そう思います。

私もそう思います。
主役は強い。脇キャラは弱いor非道い人。
そういうマンガだったら、好きになってはいなかった。
そんな弱く愛しい人間の描き方が、
清水先生独特の美的センスで、なんて心に響き渡るのだろう。
人は弱い。でも、人は強いと。

FROM 夜子=管理人 2009.05.19. (Tue) 21:45 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL