【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
みちゅうさんの二次創作「Kiss of Judas」をきっかけとする、鈴木さん論。

みちゅうさんの「Something about 鈴木さん」
かのんさんの二次創作「オリジナルストーリー -別れ-」
第九の部下Yさんの「鈴木克洋 2」と波紋をよんでいます。



鈴木さんや青木にとっての薪さんと三好は、
『月の子』のショナにとってのセツとベンジャミンだ・・・・・・。
そこまで思ったけど、それについて書くのは、
まだ心の中ではまとまってはいません。
イメージ、ニュアンスとしては心の中にあるのですが、
まだうまく言葉には出来ないのです。



『月の子』のショナにとっての運命の人は、ベンジャミンではなくセツだった。
ショナは自分の相手はベンジャミンとずっと思い込んでいたけれど。
最初は(セツが中性体であったため)伴侶の対象外だったセツを、
ショナは最愛の女性として選ぶのですから。
ショナはずっと自分の夢の中の女性はベンジャミンだと思っていたけれど、
私は本当はそれはセツではないか?
だからショナはあれほど、ベンジャミンに違和感を抱き、
彼女(ベン)はまだ子供だから、と自分に言い聞かせて。
そう勝手に思い込むほど、私は考えて考えて。
それが私の『月の子』のショナ×セツ論の結論に近いです。


薪さんが男性だから?
愛するのは異性がふつうだから?
だから薪さんでは駄目だったの?


ただ。清水先生は、今まで、同性のカップリングで
結ばれるというのを、今まで晶以外ではしていないため、
『秘密』ではたして、青木×薪で結ばせることが出来るだろうか?

その壁を、越えることが出来るのか? いつもタブーが好きでも、
清水先生はいつもたいていはプラトニックで終わらせることが多いから。


すいません、まだうまく言うことは出来ません。




今日、ある曲を繰り返し聴いていました。
柴田淳の「君へ」という曲です。
前から柴田淳さんの曲は、清水世界と重なって、とても好きでした。
なのでまた今月レンタルしたのです。

この「君へ」という曲を最初に聴いたときから、私には、
薪視点の鈴木への曲とも、
鈴木視点の薪への曲ともとれると思い、すごくはまってました。


でも。今日繰り返し聞いているうち、もう私には、
鈴木が薪を見守る曲にしか聞こえなくなりました。


「君と過ごした記憶が 僕の全てになる
 君ともっと生きたかった 君を支えたかった」
 
「一緒に秘密を抱えてくれた 君を僕は忘れない
 何を知ろうと 変わらぬまま そこに居てくれた」

「今起きてること全てが 夢ならいいのに」

「君を愛してよかった 空の彼方 片思いしてるよ
 願うのは早く君に こぼれ落ちる涙が消えることだけ
 笑っていて 僕の愛する人よ」(by柴田淳「君へ」より。)



もう死んでしまった人を思う歌だと感じました。
痛いほど切ない悲しい、なのにとてもやさしい、愛しい曲でした。
出来るなら全部引用したかったです。
メロディや歌声もすごくいいですよ。
興味のある方は、ぜひ聞いてみてください。
とてもやさしい曲なので。
全てを許すかのような。強さとやさしさをもった。
「親愛なる君へ」というアルバムに入っています。


『秘密』の鈴木さんも、こんなに優しく薪さんを守っていて欲しい。
この曲のように、いつか薪さんが、
鈴木さんを愛したことを、鈴木さんに愛されたことを、
肯定する日が来ることを、願います。


まだ上手くかけないです。もどかしい・・・・。><。




【「鈴木克洋を語る前に」】に関する参照記事

【「守れたはずの秘密。」】2009.03.16 (Mon)
【『月の子』と『秘密』のつながり  5.「もし、鈴木が。」】2009.03.15 (Sun)

関連記事
2009.03.23 (Mon) 22:27
COMMENT
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
FROM 2009.03.25. (Wed) 10:35 [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。