【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
もし、薪さんに、「鈴木さんを生き返らせる」という選択肢があったなら。
どうするのだろうか?


リアルSF捜査ものである『秘密』に、そんな選択肢があるはずがない。
でも、私は、思っていました。
もし薪さんに、「鈴木を生き返らせることが出来る」、
そんな選択肢があったなら。
それは、薪さんの一番の望みで、絶対叶うことのない、
願いなのだろう、と。



「セツを生き返らせるために地球を滅ぼす契約をして
堕ちていったティルト」
「鈴木を殺したことに、ずっと苦しみながら、
鈴木の遺志を継いで、第九に壊れそうになりながら居続ける薪」
すごく、呼応する気がするのです。
同じ旋律を元に、変調していき、
全く別のものになっていったかのように。


『月の子』を好きな私が、
『秘密』に惹かれていったのは、
きっと当たり前のことだったのだと思います。


実際、私がサイトの【深く語る。】というコーナーで
最初に語ったのは、鈴木さんのことでした。
鈴木さんは、清水先生が、自己犠牲というテーマを描き続けて
いきついた、罪深い存在だと思います。


清水先生がご自分の過去作品をどう思われているのかは、
わかりませんが。


初期は、ただ切ない、愛しく、大切な人を守るためだった。


自己犠牲は、ずっと初期からの、清水先生のテーマでした。
そして今行き着いたのは、薪さんを大切で彼を守ろうとして、
自分を薪に殺させた鈴木。
(鈴木はジミーともダブルかもしれません。)


初期作品ではエンドだったけれど、
『秘密』(第九シリーズ)は、それが始まりで、
薪がそれに何らかの答を出したとき、
『秘密』の物語は終わるのではないかと感じています。

関連記事
2009.03.15 (Sun) 10:49
COMMENT
夜子さん、こんにちは、
記事拝読致しました。

こちらの、今までエンドだったのが「秘密」では始まりになっているというのを拝見して、勝手に、もしかしたら、「秘密」は薪さんの自己再生の話なのかな…なんて思ってしまいました。

「鈴木さんを生き返らせたい」
薪さんはそう思うでしょうか…?
もし彼が世界というものに絶望していなければ、願うかもしれない。
でも、そう望むには薪さんにとって現実はあまりに醜いような気がして。

失礼しました
FROM みちゅう 2009.03.19. (Thu) 20:21 URL [EDIT]
みちゅうさんへ。
読んで下さってコメ下さって、ありがとうございます★

>こちらの、今までエンドだったのが「秘密」では
>始まりになっているというのを拝見して、勝手に、
>もしかしたら、「秘密」は薪さんの自己再生の話なのかな…
>なんて思ってしまいました。

『秘密』誕生秘話とかは、今のところ、
インタビューなどでしか知ることは出来ないけれど、
第2話(第九シリーズ当初)にして、
鈴木さんという人物を描く。こんな完成度の高く
深いテーマの作品を、描く。すごいですよ。
薪さんがどうして第九を愛しているのか。
どんな傷を抱えているか。
薪さんにはいつか、幸せになって欲しいです。
この物語で、薪さんがちゃんと答を出せなかったら、
さすがの私も、本気で怒りそう。。。。

薪さんには、「生き返らせたい」という発想さえないと思います。
だってそんなこと出来ないんだから。
でも、まだ薪さんは、世界に絶望はしていない。
私はそう思っています。
醜くても、残酷でも、薪さん自身に人を思いやるやさしさもあるし、
室長を辞めたらいいのではという意見も見かけたりしますが、
むしろ、その時こそ、薪さんには希望も願いも
生きがいも目標もなくなって、
生きる意味を見失う気がします。

FROM 夜子 2009.03.19. (Thu) 22:22 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。