【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2009.01.  12345678910111213141516171819202122232425262728 2009.03.
現在、【有隣堂 ヨドバシAKIBA店】にて、

清水玲子先生「秘密」原画展が開催されているようです。

  『秘密』原画展示
     日時:2月27日(金)~3月25日(水)



  【白泉社公式HP : 『秘密-トップ・シークレット-』】HP
  http://www.hakusensha.co.jp/himitsu/index.html
 
  【有隣堂HP : 有隣堂 ヨドバシAKIBA店】HP
  http://www.yurindo.co.jp/shop/y_akiba.html


2009.02.28 (Sat) 22:33
『秘密』6巻も、『メロディ』4月号も、
昨日書店で、今朝入荷と確認して知っていたので、
今朝開店直後、出してもらいました。
(梱包している中の本見つけるのが異常に早かった。)
ミーナさんとおんなじだ。。。


2009.02.28 (Sat) 17:35
今日は、『秘密 THE TOP SECRET』最新刊第6巻
の発売日で、
明日は、『メロディ』発売日です。
うちの地域は、両方とも、明日入荷だそうです。

なので、今日はネット巡りは止めときます。
毎回、発売日前日に、白泉社公式ページで、
翌日発売の号の予告と、来号の予告を読むことが多いのですが、
今日はそれも止めときます。

明日が来るのを、待ちたいと思います。

2009.02.27 (Fri) 21:36
かのんさんのコメレスの前に。

ちょうど、かのんさんの【ルイスから始まる話】
を読むすこし前に読んだ資料に、あることが書いてあって、
それを読み返したすぐあとに、 【ルイスから始まる話】を読んで、
なので、なおさら心がざわめいたというか。
心を抑えられなくなったというか。

それに触れずには居られなくなってしまいました。

清水先生ご自身が、インタビューでおっしゃっていた言葉です。


2009.02.26 (Thu) 17:58
かのんさんの、【ルイスから始まる話】を読んで。
やっと、保留にしていたものを、公開したくなりました。


私は、以前書いたものの、ためらったり推敲しているうちに、
保留にしていた文章があったのを思い出して、それのひとつが、

今日公開した、
【『秘密』と「JACK&ELENAシリーズ」  1.エレナ】
【『秘密』と「JACK&ELENAシリーズ」  2.記憶】
でした。


2009.02.24 (Tue) 20:46
現在連載中の『秘密』と、清水玲子先生の初期のシリーズ物の、
『JACK&ELENAシリーズ』についての続きです。


エレナはつらい事を忘れることが出来ない。
けれど、エレナの「体」は絶対生き続ける。
ロボットだから狂うことも出来ない。

生きていけないほど、耐えられないほど、
正常な精神をそこなうほどの記憶は、
その記憶自体を消去していく。
どんなに覚えていたいことであっても。
全てをクリアに覚えているか。ゼロか。エレナには
そのどちらかにするかさえも、選ぶことさえも出来ない。


『秘密』で重要なテーマである「狂気」も。「記憶」も。
『秘密』とは違う形のテーマとして、もうこの作品で
扱われているのです。


2009.02.24 (Tue) 20:31
現在連載中の『秘密』と、清水玲子先生の初期のシリーズ物の、
『JACK&ELENAシリーズ』について触れてみます。



万能なセクスレス(無性)ロボットエレナと、
ロボットなのにサングラスをしているジャック。

天才型中性的美少年と、メガネのちょっとトロイ青年。
という組み合わせは多分この作品が原点で、
清水玲子作品ではおなじみな組み合わせだ。


「分析して行くと、これまでの作品と
キャラクターの配置は似てくると思いますね。
『月の子』だったらアートが青木で、
ジャックとエレナシリーズだったら、
エレナが薪さんになるんだろうし。」


というのは清水玲子先生自らのお言葉だ。
(『季刊エス』2007年秋号インタビューより)

実はエレナのほうがジャックより年上です。
(2人ともロボットですがね。)


2009.02.24 (Tue) 20:27
テンプレートはそのままに、
テンプレソースをいじって、
縦ラインをと日付を桜色にして、
タイトル画像を変えて、
タイトル画像周りの「ブログタイトル」と「ブログの説明」の、
配色などをいじりました。


2009.02.21 (Sat) 21:27
もしかしたら。『秘密』は今の時代にとって、
必要な物語なのかもしれない。

人のプライバシーが、簡単に暴かれてしまう現代。
マスコミ。ワイドショー。ネット。
隠しカメラ。ポイントカード。情報化社会。

犯罪に関わった人(被害者・加害者双方)だけでなく、
目立った行動、注目される存在、その他様々な
いろんな理由や方法で、簡単にその人の『秘密』が
いつ暴かれるかわからない、時代。

人は、潜在的にも、意識化でも、
いつ自分の秘密が暴かれはしないかと、不安になっていないか?

そんな西暦200X年、『秘密』が生まれた。(正確には1999年。)


2009.02.18 (Wed) 09:04
もし、【朋】バ/ナ/ーが気になっていて、
張/る/のは「意味わからない」「ムツカシイ」「出来ない」、
そう思って遠慮している方が、もしおいでるのなら。
サポートメールだけでも読んでみませんか?

あきらめないで。
やってみて出来なかった時はその時、考えればいい。
その時あきらめるなり、別の方法を探せばいい。

2009.02.14 (Sat) 13:00