FC2ブログ
【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ
2008.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2008.11.
10月下旬から、また、【岡部×薪バトン】の
バトンが廻り始めて、

「【岡部×薪バトン】回答者様リスト」
が、また数名ほど、追加が続いています。
あともう少し、追加がありそうです。


どの方のも、とても読み応えありますよ。
ぜひぜひ読んでくださいね★

2008.10.30 (Thu) 15:41
>その余韻が、月の子を、解釈によって、万華鏡のように姿を変える、
>美しい幻想としているのではないのでしょうか。 数々の童話のように。



この感想は、私が、【月夜水の詩】サイト(そのときはサイト名が違いましたが)に、
2001年(サイト開設1年目?)に、
【予言(月の子)】として書いた文章です。



私が『万華鏡』と言った理由、
まだ詳しく書いていなかったかもしれませんね。
(アレ? 何で書いてないんだろ。)
今、いろんな人に、この言葉を送りたくて、詳しく語ってみます。


『万華鏡』。
「ものがたり」という硝子や素材に、
「その人の感想」といった傾きや、光の加減が交錯して、
いろんな形に見える。全く同じ画は二度と見ることは出来ない。
自在にいろんな光の反射によって、
同じ「ものがたり」、同じ素材なのに、
全く違う、美しい幻想が見える。プリズム。


そういう意味を含んでいたのです。
あの当時の私は、言葉不足だったかもしれません。
(アレ? 今も?)
それは私の中の、強烈なイメージで。

(『月の子』の感想として書きましたが、『秘密』も同じ要素があります。
 というか、『秘密』のほうが、その要素をより強く感じます。)


素材。光。傾き。
ちょっと傾けた(視点、感情、解釈、読み込んだ回数など)だけで、
幾通りでも、読者が美しく受け止めて。
決して全く同じものは二度と見れない。


無限に広がる、感想や、解釈。
それは奇跡のように、美しくて。


決してつかまえることも、飽きることもない。
決して見ること(読むこと)に飽きないだろう。


だからみんな、自分が手にした万華鏡を、
大切にして下さい。
受け取るのはその人自身でいいから。
自分の目を信じてください。そしたらきっとまた、
違う画(解釈)が見えるから。答は貴方しか出せないのだから。


2008.10.30 (Thu) 13:54
【月詩Blog】が移転して、2ヶ月になりました。
8月30日に移転したから。

『メロディ』先号を読み終えて、すぐに移転したので、よく覚えています。


この2ヶ月、まわりの環境も自分自身も、ずいぶん変わりました。
『秘密』ブログが劇的に増えて。交流も盛んで。
それまでも『秘密』ブログはあったのですが、
その頃は今ほどは、交流も盛んでなかった気がします。


私自身も、双方向と言う意識が強くなりました。
今けっこう気持ち的に、人に頼っているのです。
この人はこれをすると思うとか。
こんなことやってくれそうとか。
事情わかってくれそうだとか。
お待たせして大丈夫そうとか。(←すいません。。。)

そういう意識は今までなかったというか。

だから、甘えさせていただいています。


自分の中の矛盾。激しい想い。
つかみたくてつかめないもの。
それは私だけではないと、思います。
それぞれに試行錯誤だと思います。


今、私は、他の方のブログを読むだけ、
自分のサイトやブログの維持管理するだけで手一杯で、
したいと願うことが全て叶っているわけではありません。
思いついても、「今無理だし・・・・・・」と、悩んでいることも。
でも、それは、好きなもの、守りたいもの、
大事にしたいものが増えたからだと思っています。


大好きだって叫びたい。
『秘密』も。
『秘密』を愛する人へも。

2008.10.30 (Thu) 13:49