【月詩Blog】

【月夜水の詩】管理人夜子の、清水玲子作品世界全般+『秘密』ファンブログ

「22XX」清水世界に残酷さが加わった、転機の物語。

2018.02.16 (Fri) 07:41
今年は、清水玲子先生デビュー35周年記念ということで。「秘密」以外の清水玲子作品も、扱いたいと思います。「22XX」(にーにーえっくすえっくす)です。「20XX」ではありません。私は、西暦2200年代の話というニュアンスだと、思っています。人肉を食することを、聖なる儀式とする、フォトゥリス人、ルビィと、ロボットのジャックの物語――カニバリズムの話です。ルビィは、自分を助けてくれたジャックを人間と思い...
0

明日のクローン人間「輝夜姫」

2018.02.08 (Thu) 07:24
「輝夜姫」は、主人公たちが、クローンだったという話だ。ある時点で、彼らは狩られ、ドナーとして、何人かは臓器をとるために殺され、本体の体に、移植される。殺されたドナーたちは、本体を乗っ取り、人格を奪う。主人格から。...
0

清水玲子流・真実の愛の王道「MAGIC」

2018.01.14 (Sun) 10:48
「MAGIC」は、清水作品世界を象徴する物語だと思っています。文庫だと、「パピヨン」収録なので、このタイトルを知らない清水Fanも、今では多いかもしれませんね。清水玲子的、「真実の愛についての物語」の王道な作品だと思いますね。135ページの短編なので、長編作品はちょっと。。。。なんて人におススメ。...
0

「LaLa40周年記念ふろく「LaLaオールスターイケメンたっぷりメモ100」

2016.07.07 (Thu) 21:51
「LaLa」2016年8月号のふろくに、「LaLa40周年記念ふろく第2弾 LaLaオールスターイケメンたっぷりメモ100」というふろくがありましたが、清水キャラも4名、収録されています。■アート・ガイル(「月の子MOOM CHILD」)■エレナ・クリモヴァ(ジャック&エレナシリーズ)■ジャック・ナイジェル(ジャック&エレナシリーズ)■由・リンドロス(「輝夜姫」)の4名です。今回はその4名の、キャラクター紹介を...
0

白泉社文庫版『WILD CATS』 12月12日(金)発売中!!

2015.01.11 (Sun) 10:04
清水玲子著 白泉社文庫版『WILD CATS』12月12日(金)発売中!!(白泉社文庫/224頁/600円+税)清水玲子作品、久しぶりの文庫化です。(『秘密』等を除き、現時点では、最後の、というべき??)収録作品は、■『WILD CATS』……ララ1997年9月号掲載。約70P。■『WILD CATSⅡ (2)』……ララ1998年9月号掲載。約70P。■『WILD CATSⅢ (3)』……ララ2000年2月号掲載。約70P。の3作のみで、清水先...
0

『WILD CATS』文庫化決定★ 12月12日(金)発売!!

2014.11.10 (Mon) 10:21
『WILD CATS』文庫化決定★(多分白泉社文庫)12月12日(金)発売!!清水玲子作品、久しぶりの文庫化です。表題作の『WILD CATS』は、■『WILD CATS』……ララ1997年9月号掲載。約70P。■『WILD CATS 2』……ララ1998年9月号掲載。約70P。■『WILD CATS 3』……ララ2000年2月号掲載。約70P。の3作が今まで発表されています。以下、作品の内容の紹介です。かるーくネタばれ。深くは突っ込んでません。    ...
0

シンプルなタイトル。

2014.10.03 (Fri) 09:10
「タイトルを付ける際、あまり細かく表記してしまうと、 話が膨らんだり長くなったりする時に 困ることがあるので、短い表記になるようになりました。」(清水玲子先生のお言葉。「ぱふ」2008年1月号より引用。)確かにシンプルなタイトルが多いです。『月の子―MOON CHILD―』&『22XX』以降ですと、作品タイトルは、...
0

「原罪」と『聖書』と清水玲子作品

2014.07.02 (Wed) 08:18
今号の『メロディ』の『秘密 原罪』は、食事前に読まないほうがいいかな?清水玲子著『秘密THE TOP SECRET season0』最新作は、『ORIGINAL SIN-原罪-』というサブタイトルになっています。『聖書』に関係するかなと思われる清水玲子作品を、リストUPしてみますね。作品発表年代順ではありません。...
0

ノスタルジー~清水玲子初期作品群~

2014.05.02 (Fri) 10:55
今月号の『メロディ』ふろくを読んで。...
0

つぶやき。

2013.08.07 (Wed) 20:16
清水玲子先生の、5年前のお言葉。「年に一回ぐらいは必ず読切を描かせてもらってたんですよね。長期で連載しているとけっこうつらい部分もあったので、自分の中でもいいリフレッシュになりました」文庫版『輝夜姫』14巻あとがきより。『秘密』のスピンオフが、1巻2巻で終わるなら、わざわざ『創世記』でなく、『season0』になったり、花とゆめコミックススペシャル(HCS)B6判に移ったりしないと思うの。まだきっと薪さ...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。